統計資料のページ、新データ追加しました

「ホーム総需要額の年別推移」「1世帯当たり支出額の月別推移」のページで、2015年の数値を追加しました。「支出額の月別推移」は2016年5月まで追加しました。6月分は7月29日発表予定で、発表され次第掲載します。(2016年7月25日)

 

「日本クリーニング年鑑2016」 新JISなど特集

「日本クリーニング年鑑2016」を発行しました。

巻頭では、いよいよ今年12月1日にスタートする新JIS「繊維製品の取扱い表示」を特集。クリーニング業界向けに国が作成した表示記号の新旧対照表、新たに設定されたウェットクリーニング「Wマーク」に関する全ク連ら業界の「共通認識」資料を掲載。さらに特別資料として、経済産業省・消費者庁作成の消費者向けパンフレットとリーフレットをカラーで掲載しました。

また、ますます規制が厳しくなるテトラクロロエチレン(パーク)について、地下浸透防止や労働衛生管理に関する資料をまとめました。

価格は6480円(本体6000円+税480円)です。なお2016年版発行に伴い、2015年版は3240円(本体3000円+税240円)に価格変更します。

「クリーニングビジネスページ2016」 好評発売中

業界関連住所録・電話帳「クリーニングビジネスページ」2016年版を好評発売中です。全国の機材商、関連メーカー・商社、関連団体を網羅する業界人必携の1冊、ぜひともご購入を。価格は3240円(本体3000円+税240円)です。

「日本クリーニング年鑑2015」発売しました

例年秋に発行していた「日本クリーニング年鑑」ですが、今回から春の発行に切り替え、このたび2015年版を発売しました。秋から春に発行を移したこともあり、表紙のイメージも変えました。

巻頭特集は、経済の国勢調査といわれる「経済センサス」の「活動調査」確報から「従業上の地位別従業者数」や「業態別売上・収入状況」の都道府県別データを中心に掲載しています。

価格は5400円(本体5000円+税400円)です。

なお2015年版発行に伴い、2014年版は3240円(本体3000円+税240円)で提供いたします。

「クリーニングビジネスページ2015」も好評発売中です

業界関連住所録・電話帳「クリーニングビジネスページ」も2015年版を好評発売中です。全国の機材商、関連メーカー・商社、関連団体を網羅する業界人必携の1冊です。価格は3240円(本体3000円+税240円)です。

 

購読料改定と消費税率引き上げへの対応のお知らせ

本年4月1日から「日本クリーニング新聞」の購読料(1年)を1万2960円(本体1万2000円+税960円)に改定しました。つきましては、紙面の充実に一層の努力を重ねてまいりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

また、当社発行の書籍・ビデオの4月1日以降の価格は当面次の通りとします。

・2012年以前に発行の書籍・ビデオ

  現行の税込み価格を据え置き(「日本クリーニング年鑑」のバックナンバー及び特価設定書籍を除く)

・2013年以降に発行の書籍・ビデオ及び「日本クリーニング年鑑」バックナンバー

  本体価格+消費税(8%)

詳しくは新聞購読と本・ビデオのページをご覧ください。(2014年4月1日)

 

接客カウンターの集大成「接客資格教本」絶賛発売中です

2014年が明けました。景気好転が伝えられますが、クリーニング業界にはまだその余波は及んでいません。むしろ円安のデメリット面が響いています。

本紙では2013年、「接客資格教本」を発行しました。接客カウンターの最新教科書であり、辞書機能も備えた集大成といえる1冊です。業界の資格制度「TeMA-CA」の公的テキストでもあります。中村美和子監修。A4判160ページ、価格は税込6300円です。

また「クリーニング・ビジネスページ2014」と「日本クリーニング年鑑2014」を発行しました。「年鑑」は巻頭で「経済センサス活動調査」を特集。従来の「事業所・企業統計調査」「サービス業基本調査」などを統合した全数調査で、いわば「経済の国勢調査」といわれるものです。ホーム・取次・リネンの業態別売上金額と付加価値額、事業所数と従業者数については業態別都道府県別の結果をまとめました。また2014年版の発売に伴い、2013年版の価格を税込3150円に値下げしました。

新聞購読と本・ビデオのページをご覧ください。(2014年1月17日)

統計資料のページ、修正と追加をしました

「ホーム総需要額の年別推移」のページでは、速報値だった2012年の数値を確報値に変更するとともに、2011年の1世帯当たり支出額と総需要額を修正しました。

「1世帯当たり支出額の月別推移」のページでは、2013年の11月までの数値を追加しました。(2014年1月17日)

 

総需要額4000億円台回復、1世帯支出20年ぶりプラスに

2012年のホームクリーニング総需要額が4023億円と4000億円台を回復しました。前年比3.4%増です。総需要は2011年に3892億円まで激減し、過去最高だった1992年の8170億円から「半減」してしまいました。2012年は「半減」脱却も期待されたのですが、11、12月が伸び悩み、残念な結果となりました。

1世帯当たりクリーニング代支出額は前年比2.6%増の7427円。過去最高だった1992年以来、実に20年ぶりのプラスです。2011年の落ち込みようがあまりにもひどかったためでもあるのですが、それでもプラスはプラス。2013年を、失われた20年を取り戻すスタートの年としたいものです。詳細は本紙2月5日号をご覧ください。(2013年2月5日)

ページ簡素化、統計データも更新

ホームページを更新しました。新システムへの移行を念頭にページ、データの整理をしています。

従来の「ニュース&トピックス」は「業界の動き/本紙から」にタイトルを変更、各ページも簡素化しました。「1世帯当たりクリーニング代支出額」の月表、右に列挙していた毎号の主要記事の見出しは外しましたが、近く別の形で掲載する予定です。

「統計資料」のページでは、1世帯当たりクリーニング代支出額の月別推移、ホームクリーニング総需要額の年別推移を最近のものまで追加しました。「総需要額の年別推移」のページでは、1店舗当たり売上高を掲載しました。

また総務省の「家計調査」で、2011年12月、2012年1月及び2月分で調査に不正が発生し、2012年5月にデータが修正されましたのですが、関係部分を修正データで更新しました。なお総需要の2012年分は1世帯支出額の月額合算による速報値です。近く年計額が発表されますので、その段階で確報値を掲載します。(2013年2月5日)

ビジネスページと年鑑を発行しました

「クリーニング・ビジネスページ2013」と「日本クリーニング年鑑2013」を発行しました。「年鑑」は巻頭特集として改正作業が進む洗濯絵表示を特集しています。統計資料では、新たに賃金関係のデータを追加するなど充実を図りました。また「年鑑」バックナンバーでは、2013年版の発売に伴い、2012年版の価格を税込3150円に値下げしました。新聞購読と本・ビデオのページをご覧ください。(2013年2月5日)

スマホ・サイトを開設しました

スマートフォンから快適に閲覧できるサイトを開設しました。アイフォーンならアップルのAppStoreで「日本クリーニング新聞」と検索し、アプリを取得して下さい。ダウンロードはもちろん無料。アイポッド・タッチでも閲覧できます。

アンドロイドなら http://nicliapp.com とブラウザーから入力すると直接サイトに訪問できます。スマホ用の表示でご覧下さい。

内容は、本紙から主な記事のダイジェストを中心に、独自企画の連載も開始しました。今後、業界イベント情報など内容の充実を図っていきます。(2013年2月5日)

新刊本などアップしました

久しぶりにホームページの更新をしました。

今回の更新内容は、トップページでは「1世帯当たりクリーニング代支出額」の月表を2012年1月の分まで追加しました。

「統計資料」のページでは、1世帯当たりクリーニング代支出額の月別推移、ホームクリーニング総需要額の年別推移を最近のものまで追加しました。

また「新聞購読と本・ビデオ」のページでは、新刊の「日本クリーニング年鑑2012」と「日本クリーニング機材名鑑(クリーニングビジネスページ)2012」をアップしたほか、一部商品の価格を改定しております。新価格となった商品は次の通りです。

 

DVD「目で見る[復元加工]移染・色泣きの復元」6000円→5000円(税込み)

「ファッション素材のなるほどブック」2800円→2500円(税込み)

旧版「日本クリーニング年鑑2011」4800円→3150円(税込み)

 

なお、本紙ホームページは、各ページともほとんど手作りのような状態でして、ページが増えるごとに更新作業が難しくなっております。現在、システムの変更及びリニューアルを検討中です。それが実現すれば、もっと頻繁に更新が可能になると思います。今しばらくお待ち下さい。(2012年3月19日)

義援金のご協力ありがとうございました

日本クリーニング新聞社では、今般の東日本大震災で被災された方々を支援するため、義援金の受け付けを行っておりましたが、2011年6月30日をもちまして、一応の終了と致しました。

この間の皆様のご協力に感謝し、厚く御礼申し上げます。

おかげさまで義援金は総額167万6140円となりました。受付件数は延べ103件。内訳は、一般受付「義援金募金」が10件62万6140円、「被災地応援共同メッセージ」参加費義援金が延べ93件105万円です。

このうち4月30日までに寄託された144万8565円は、5月6日に日本赤十字社へ送金しました。5月1日以降にお預かりした22万7575円につきましては、7月8日に同じく日本赤十字社へ送金しましたので、併せてご報告致します。

なお、寄託された方のお名前は日本クリーニング新聞5月5日号及び7月5日号に掲載しております。

皆様のご協力に重ねて感謝を申し上げます。(2011年7月15日)

  ニックリ災害助け合い募金

「ニックリ災害助け合い募金」は、大規模な自然災害等による被害の発生に際し、業界専門新聞のネットワークを生かして、クリーニング業界及び関連業界から義援金を募り、被災地の復旧・復興の支援のため寄付をすることを目的に設立しました。

このページの上へ

ニックリの本

特集・新JISとパーク管理

クリーニング業界基礎資料集

日本クリーニング年鑑2016

定価6000円+税(税込6480円)

日本クリーニング年鑑2016

→ お申し込みはこちら

 

接客カウンターの集大成

クリーニングアドバイザー

接客資格教本

定価6000円+税(税込6480円)

接客資格教本

→ お申し込みはこちら

 

業界人必携!

業界関連企業・団体電話帳

クリーニングビジネスページ2014

定価3000円+税(税込3240円)

→ お申し込みはこちら

 

混迷する業界へ新☆羅針盤

毛利春雄著

クリーニング革新大系

6000円(税込)

クリーニング革新大系

→ お申し込みはこちら

 

定期購読のお申し込み

接客・技術から経営まで

日本クリーニング新聞

毎月3回(5/15/25日)発行
購読料 1年12,960円(税込)

3月25日号

 

→ お申し込みはこちら

 

このページの上へ